スマホ時代に生きる子供たち

今の時代、ほとんどの子供の親世代はスマホを持っています。
おそらく今の子供でガラケーを知っている子は数少ないと思います。

子供を泣き止らせるアプリがあったり、駄々をこねている子供をおさめさせるアプリ・・・
世の子育てに奮闘中のお母さんにはありがたいものがたくさんあります。

特に今子供用Youtubeはとても人気で、子供はYoutubeを見ていると静かになります。
そのため外食など人目を気にする場所では子供にYoutubeを見せている親をよく見ます。

たしかに騒いで周りに騒いで迷惑をかけるくらいならYoutubeを見ていてもらって
静かにしていてもらったほうが良いこともあります。

しかしスマホでYoutubeを見たりアプリでゲームをしている子供をみると
どこか切なくなるのは私でしょうか・・・?

昔が良いというわけではないが、私自身子供のころはスマホがなかった。
もちろんガラケーを触らせてもらうことなんてなかったです。

その分友達や親、まわりの人と会話をしている時間は多かったのではないでしょうか。
スマホは便利な反面、コミュニケーションという人間関係の中で1番大事なことを
そして、1番吸収する子供のときにしなくなってしまうのではないでしょうか。

そしてスマホでは調べれば今はネットでなんでも出てくる時代。
ただすべてが正しい情報ではないので、誰かに聞く、いろんな人の意見を直接きくといった

ことがなくなりスマホで調べるようになるとさらにコミュニケーションはへり
結果人間よりスマホを信用するようになってしまう大人になってしまうかもしれません。
子供のころの人間関係、環境はとても大人になったときの性格に影響すると思います。

スマホが悪いとは思いませんが、あくまでのスマホは便利なツールの1つとして
制限し子供に使用させ、うまく子供とスマホをつきあわせることが必要だと考えます。
またスマホはブルーライトにより長時間見ると目にも影響があります。

小さな子供のころはまだ視力が安定してないため、そのことも考慮すると
やはり子供へスマホを操作させるのは親にとってはとても便利で楽なことだとは思いますが
長い目でみたときに、制限をしそれこそコミュニケーションをもって子供と向き合うことも大事だと考えます。

しかし悪いことだけではなくスマホではいろいろなことが調べることができ、
知ることもできるので子供の視野を広げることもできると思います。
親や周りが知らないこともスマホは教えてくれます。その点ではとても便利なツールと考えます。
何事もうまく使い操作することが大事だと思います。