子供にスマホは悪影響と感じます

世の中には数限りない楽しい事があります。自然を満喫する。芸術を楽しむ。異文化に触れる。気の合う友人と楽しい会話をする。幸せな家庭を築く。他にも色々ありますが書き始めたらきりがありません。人はこのような実体験を経て成長し懐の深い人間に成長するのだと思います。そこでスマートフォンに目を向けてみたいと思います。私たち大人からすると、仕事をこなす上でも、プライベートの時間でもスマホは実に便利なものになっています。何故か?指先一つで物事を完結できてしまうからです。いや、完結できていると錯覚しているのかもしれませんが。今度はスマホと子供というテーマで考えてみましょう。我大人はスマホが無い時代に生まれ育ちました。だから冒頭に書いたような自然を満喫するというような「実体験」は当たり前の事でした。そこで得た経験は間違いなく今を生き抜く為の糧になっていると思うのです。自然はある時厳しい、自然を軽くみていると痛い目にあう。自然は人にとって絶対に必要なものだ・・・等々。そんな実体験で得た経験こそが人を成長させるのだと思います。私は中学生や高校生といった子供たちが家族と食事中、家族で旅行中の電車。そんなスチュエーションで目を輝かせスマホに熱中している子供達の姿を見ていると、私は残念な気持ちになるのです。スマホだけですべてを完結できると考えているのではないかと。